プロフィール

白鳳

Author:白鳳
ようこそ「MHP3rd 奮闘記」へ。
はじめての方はこちらを見てね。
MHP2ndGでの軌跡はこちら

相互リンク先のmemoryさん
「廃人部屋」のヒットマンの称号をもらった。

最近の記事
最近のコメント
リンク
ついったー
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    カウンター
    累計訪問者:
    現在閲覧者:

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    なんていうかその

    こんにちはー超お久しぶりです白鳳です!

    女神の機械槍の丼$魔さんの記事を読んでちょっとばかり思うことがあったので。

    あ、その前に近況報告しておきます!
    ・絶賛東方厨です。モンハン殆どやってません。
    ・PC新調したのでKai使えません。
    ・家の中が無線LANじゃなくなったからDLクエできてません。

    さて本題。
    私にとってはP3はつまらんです。
    といっても2ndGと比べればの話ですし、某nさんみたいに生放送やってる人もいたり
    楽しめる人も多くいるとも思います。だからこれは私のものっそい主観です。

    もちろん始めた当初はものすごくのめり込みましたよ。
    じゃなきゃ12,1月の2か月で600時間とかいかねーもん。

    けどその600時間はあくまで、本編をクリアするための時間なんですよ。
    いわばゲーム会社から与えられた時間ですね。
    クエスト全部クリアして、神おま掘って、金冠集めて…っていう。まだ金冠コンプしてないけど。
    この時間の多寡には何の意味もありません。
    だってゲーム会社が内容多くしたり入手難易度とか上げればいいだけだもん。

    じゃあそこからどうすんのか、ってとこで「選択肢が広かった」のが2ndGのウリ。
    開発者の用意してないやり込み要素を勝手に見つけてやりやすかったのが大きかった。

    3rdの悪いところはホントに選択肢が無いってとこに尽きると思うんです。
    弓以外の武器はかなり使える武器と使えない武器の差がはっきりしてて、
    前作なら雷ハンマーで真ポリGかグレートノヴァか雷鎚か、それとも物理攻撃力重視で
    カオスオーダーもありだな、とか選べるところに面白さがあったわけです。
    プレイスタイルに合わせて、室伏主体が得意だから属性重視のポリタンで行こうとか。
    そういうのがほとんど無くなってる。
    ボウガンにしても、W属性速射→相手は死ぬ みたいな。

    丼さんの記事で、
    ハメ防止のために一定時間モンスターがダメージ受け続けたら逃走する、とか、
    エクスペリエンススキルを実装する(キャラが成長して回数を重ねると肉焼きとか上手くなる)、とか
    そういうのあったらいいね、とありましたが、私はこれには反対です。
    丼さんと私は結構プレイスタイルが近いと思うんですが(考えて・道具を使いこなして狩る)、
    その丼さんがこういう結論に至ったのは正直意外でした。
    「モンスターハンター」の世界観としての理想は、
    "モンスターは人の何倍も強いが、知識と技術でそれをカバーして人間がモンスターを倒す"
    というところだと思っているので、
    それをゲームに落としこむとしたら、
    「知識」面はスキルの組み合わせとか武器とか、考える部分。
    「技術」面は操作タイミングとかプレイヤー自身が上手くなる部分。
    という形になると思うんです。
    だから、RPG(レベルを上げて物理で殴れ)みたいに、時間をかけるだけで楽になる、というのは
    モンハンの形から見て不自然に思えるわけです。キャラとプレイヤーが合致しないもの。
    だからエクスペリエンススキルはMHに合わないんじゃないかなあと。
    また、知識や技術を駆使して、モンスターから攻撃を受けないように立ちまわる、というのが
    上手いハンターのはずなので、ハメ防止システムを採用したら、ノーダメ戦闘が面白く無くなってしまうと思うんです。
    モンスターの挙動を予測し、まるで舞うように攻撃を躱し、打ち込み、倒す、というのがMHというゲームのゴールに最もふさわしい姿だと思うので。

    3rdが私にとってつまらない理由としては、やりこんでもやりこんでも、ほぼ必然的にダメージを食らう、みたいな挙動が多いところなんです。
    前作なら「回避性能で躱す」とかいろんな選択肢があったところを潰しに来るような。
    だから、上手いプレイ、ってのに芸術性を感じづらくもなってますし。
    2ndGは100点のプレイ(神プレイみたいなプレイ)から60点くらいのとりあえず勝てればプレイとか
    いろんな幅のプレイが存在できたと思うんですが
    3rdだとどうも70、80点くらいにプレイの幅が狭まっちゃってる感。

    なんかgdgdだけど書いたぞ!
    スポンサーサイト

    クルペッコの金冠

    先週末にちょっと実家に帰省してましたー。
    ペッコの金冠は大小どちらもついていなかったので、帰省中ひたすら連戦してました。


    とりあえず行きの電車内で小冠。
    このとき狩猟数約50→約70。

    snap001_20110308190622.jpg
    慣れてきたら0針も出るようになったでござる。
    暴れ撃ちと散弾は相性がよろしいようで。

    snap002_20110308190622.jpg
    昨日大阪に帰ってきて、通算122匹目のペッコ。ついに大冠獲得。

    ドスフロギィ・ドスファンゴほど狩らずに金冠ついてよかったよかった。

    先日の続き。

    見切り、攻撃力うpの複合計算も可能なプログラムつくりました。
    DLはこちら

    注意事項:
    一度計算した後は一旦チェックをはずして攻撃力会心率も0を入力し直してから
    次の値を入れないと正しく計算されません。
    同じ武器に付いてスキル比較をするときでも一旦フォームをクリアしてからお願いします。

    ハッチポッチ記事でしょん


    掘りたいな、と思ってテーブル合わせて1日カンカン採掘してたら出た例の神おま。
    ま、光おま所持数、古おま所持数が多いほど出やすいお守りなので猫動員して効率うpできましたし。
    大剣使いさんや弓師さん垂涎の一品。
    しかし前から持ってた「溜め短縮+5 達人+8」でわりあい事足りるという…。

    snap004_20110207220634.jpg
    例の護石が役に立ったのはこれとか見た目装備ばっかり。
    頭隻眼→城塞にしてお守り替えたら自マキ+攻小の部分が攻大になった。
    見た目見た目と言いつつ十分使えるレベルに。

    snap005_20110207220634.jpg
    snap006.jpg
    snap008.jpg
    土曜の夜はtabyさん、monkichiさんとご一緒させていただきました。
    旧時代(※2009年1月に一旦モンハン引退するまでの時期)によく遊んでいただいた方たちです。
    ご一緒するのは二年ぶりぐらいでしたね。勿論3rdでは初。
    monkichiさんは前作ランポスーツをよく着てたなあ…。今作スーツ無くて可哀想ですわ。

    snap007.jpg
    凍土の山並みをバックに、百狐の記念撮影。

    見切りか攻うpか

    攻うp大か見切り+3か、どっちが強いの?

    今日は、そんな疑問を解決します。


    基本的に
    攻【大】>見切り+3>攻【中】>見切り+2>攻【小】>見切り+1
    です。
    ただし、いくつか条件によってひっくり返ります。

    ・爪護符ドリンク有りで攻撃力が267以上の場合

    この時、見切り+3>攻【大】になります。
    ・同じく攻撃力が200以下の場合
    攻撃力の低い武器では攻【中】>見切り+3になります。
    15ptスキルが20ptスキルを上回るのです。
    同様に、攻【小】>見切り+2も起こります。
    ・同じく攻撃力が300以上の場合
    見切り+2>攻【中】になります。

    このように、見切りが攻撃力うpを上回るパターンは少ないので
    どちらか選べる状態ならば基本的に攻撃うpを選択するのが良いでしょう。

    ちなみに、会心マイナスがある場合は見切りスキルの方が期待値が伸びやすいです。
    (例:爪護符ドリンク攻【大】のノーザンライトは、
    表示攻撃力257にもかかわらず、見切り+3で257>攻【大】で256.23)

    今作は、切れ味による会心補正無さそうですね…。
    (参考:見切り+2で 白ゲ裏常闇 0%→20% 青ゲコキュートス 0%→20% 緑ゲゴグマ0%→20%)

    会心計算用エクセルファイルつくりました。こちら。zipで圧縮。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。