プロフィール

白鳳

Author:白鳳
ようこそ「MHP3rd 奮闘記」へ。
はじめての方はこちらを見てね。
MHP2ndGでの軌跡はこちら

相互リンク先のmemoryさん
「廃人部屋」のヒットマンの称号をもらった。

最近の記事
最近のコメント
リンク
ついったー
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    カウンター
    累計訪問者:
    現在閲覧者:

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    見切りか攻うpか

    攻うp大か見切り+3か、どっちが強いの?

    今日は、そんな疑問を解決します。


    基本的に
    攻【大】>見切り+3>攻【中】>見切り+2>攻【小】>見切り+1
    です。
    ただし、いくつか条件によってひっくり返ります。

    ・爪護符ドリンク有りで攻撃力が267以上の場合

    この時、見切り+3>攻【大】になります。
    ・同じく攻撃力が200以下の場合
    攻撃力の低い武器では攻【中】>見切り+3になります。
    15ptスキルが20ptスキルを上回るのです。
    同様に、攻【小】>見切り+2も起こります。
    ・同じく攻撃力が300以上の場合
    見切り+2>攻【中】になります。

    このように、見切りが攻撃力うpを上回るパターンは少ないので
    どちらか選べる状態ならば基本的に攻撃うpを選択するのが良いでしょう。

    ちなみに、会心マイナスがある場合は見切りスキルの方が期待値が伸びやすいです。
    (例:爪護符ドリンク攻【大】のノーザンライトは、
    表示攻撃力257にもかかわらず、見切り+3で257>攻【大】で256.23)

    今作は、切れ味による会心補正無さそうですね…。
    (参考:見切り+2で 白ゲ裏常闇 0%→20% 青ゲコキュートス 0%→20% 緑ゲゴグマ0%→20%)

    会心計算用エクセルファイルつくりました。こちら。zipで圧縮。
    スポンサーサイト
    コメントの投稿

     管理者にだけ表示を許可する
     

    トラックバック
    トラックバック URL


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。